迷わず踏み込める、快適なブレーキング

世界有数の信号大国、日本。街中を走れば走るほどブレーキの回数は増え、足回りはあっという間にブレーキダストで真っ黒になります。

特に欧州車は鉄粉汚れが目立つだけでなく、洗浄にも苦労が伴うためオーナーの悩みの一つです。

ALA-SUN PEGASUSを施工すれば、ブレーキダスト汚れからホイールやキャリパーを保護し、鉄粉が付着しづらい表面になります。洗浄の手間も大幅に軽減され、足回り汚れのストレスからも解放されます。躊躇しがちだったブレーキングも快適になるでしょう。

「ALA-SUN PEGASUS」の基本情報

商品名 ALA-SUN PEGASUS(ペガサス)
内容量 5mlビン
アルミパック
タイプ 撥水性
保存方法 冷蔵保存
皮膜の厚さ 0.8ミクロン
硬度 9H
硬化時間 完全硬化:24時間
効果 ・鉄粉付着防止
・防汚性
持続期間 5年間
施工箇所 ホイール、キャリパー

液剤の特徴・メカニズム

・硬度9Hの厚膜ガラス皮膜によりダストが付着しにくい
・ダストが刺さりにくいため水洗いでも綺麗に洗浄できる
・撥水性、撥油性のガラス皮膜により油汚れ、泥汚れが付着しにくい

施工後の効果

ALA-SUN PEGASUSは、硬度9Hの厚膜ガラス皮膜を形成するため、鉄粉がホイールに刺さりにくくなり汚れが付着しにくくなります。ホイールを全く汚れないようにすることは難しいですが、付着した汚れはガラス皮膜の上に乗っているだけなので、日頃の水洗い、シャンプー洗車で綺麗な状態に戻すことができます。

商品の使い方・使用上の注意

 

  • 液剤が皮膚に付着しないように手袋を着けてから施工を行ってください。
  • 皮脂があると効果が現れにくいため、施工前には施工面の汚れをよく落としてください。
  • アルミパックを開封する際は液剤が飛び散らないようにゆっくりと開封してください。万が一、周囲に飛び散った場合は、すぐにマイクロファイバークロスなどで拭き取ってください。
  • ビンからスポンジに液剤を付着させる際に液剤が多めに出てしまうことがあります。特に初めて使用される際には慎重にスポンジに付着させるようにしてください。
  • 液剤を塗布する際は、塗り残しのないように施工対象物全体に塗布してください。
  • 施工範囲が大きい場合は、一度に施工せずに【塗布→拭き取り】の工程を複数回に分けて小ブロックごとに分けて施工してください。
  • 液剤塗布後、1分経過したら乾いたマイクロファイバークロスですぐに拭き取ってください。時間を置いてしまうと液剤が硬化して拭き取りにくくなり、ムラになってしまいます。
  • フチ、際、端に液剤が残りやすいので、入念に拭き取りを行ってください。
  • 拭き取りが完了したら、自然硬化のために必ず屋内で24時間保管してください。24時間経過する前に雨など水分に触れてしまうと仕上がりがまばらになってしまいます。

※その他、使用上の注意や応急処置については「使用上の注意・応急処置について」をご覧ください。

対応試験結果

公的機関認証エビデンス

主な研究機関データ

現場検証データ

「ALA-SUN PEGASUS」に関するよくある質問

どのくらいの期間、維持することができますか?

A. ALA-SUNのガラス皮膜は化学結合によりホイールに定着するため、理論的には半永久的にガラス皮膜を維持することができます。ただし、公的機関認証エビデンスなどのデータを考慮して、実車ベースでは5年程度の耐久性を想定しております。

ALA-SUNの施工後にホイールをブラシやタオルでゴシゴシ洗っても大丈夫ですか?

A. 一般的に売られているブラシやタオルを使用されるのは問題ありませんが、コンパウンドを使って表面を削る作業をするとガラス皮膜が剥がれる場合がありますので、コンパウンドの使用は避けてください。

ALA-SUNを施工すればガリ傷を防ぐことはできますか?

A. ALA-SUNでガリ傷を防ぐことはできません。ガリ傷のようにホイールの本体ごと削られるような傷を防ぐことはできません。また、基本的には傷から守る効果は想定しておりませんので、あらかじめご了承ください。